信頼の高品質を実現する生産体制

生産体制の画像

グローバル基準での生産活動

世界市場を対象とする医薬品の製造を担うアステラス ファーマ テックは、日本の法規制はもちろんのこと世界各国の法規制を意識しながら、生産に必要な技術と蓄積されたKnow-Howにより、グローバル基準に合格した生産活動を行なっています。

GMP3 原則

  1. 人為的な誤りを最小限にする
  2. 医薬品の汚染及び品質低下を防止する
  3. 高い品質を保証するシステムを設計する

最先端のIT技術導入

製剤工程において、*AGV・夜間無人運転等々の技術を積極的に導入し、医薬品製造の効率化のための工程改善を展開し、納期の遵守・極限までのコスト低減を追求しています。

製造管理・品質管理

世界水準での品質保証を目指し、世界各国に安全で有効かつ高品質な医薬品を供給するため、医薬品の製造管理・品質管理に関する基準である日本のGMPはもとより、米国のcGMP、欧州のEU-GMPに適合したグローバルレベルの品質保証を実現しています。

生産システム

受注から生産、出荷までをSAP ERPシステムを使用し、アステラス製薬とリンクした形でリアルタイムにコントロールしています。一方、生産工程や試験業務においてもコンピューター管理のもとに高品質な製品を安定供給するためのさまざまなシステムが導入されています。

*AGV:Automated Guided Vehicle(無人搬送車)

確かな品質・高度な技術・安定供給生産

確かな品質・高度な技術・安定供給生産の画像

品質方針

アステラス ファーマ テック株式会社は、アステラスの経営理念に基づき、製品ライフサイクル全般にわたり高品質の医薬品を安定的に世界中に届け、人々の健康に貢献すると共にお客様に信頼と満足を提供します。

  1. コンプライアンス
    高い倫理観と共に、国内及び関連する諸外国の法規制とグローバルなGMPを遵守します。
  2. 品質文化と品質保証
    顧客志向を基本とした品質文化を醸成し、プロセスの科学的検証と品質データの信頼性保証により、確かな品質を実現します。
  3. 安定供給と技術の追求
    培った知識・経験を基に、継続的改善による堅牢化を通じて安定供給を実現すると共に、競争優位な技術の創造を目指します。

2018年10月01日
アステラス ファーマ テック株式会社

代表取締役社長の署名の画像


代表取締役社長