富山技術センターの画像1

富山技術センターは、富山市の北部、神通川のほとりに、免疫抑制剤「プログラフ」の原薬生産工場として、1992年より操業を開始しました。その後、プログラフカプセル・顆粒、プロトピック軟膏の製剤・包装及び抗真菌剤の原薬製造を担う工場として発展してきました。 富山で製造したプログラフ、プロトピックは、広く世界市場に供給され、免疫疾患で治療が必要な患者さんに提供されています。

 

 

富山技術センターの画像2


また、富山技術センターは、アステラスグループのバイオリードの拠点として、従来の工場機能に技術研究機能を付加し、名称を富山技術センターとしています。今後、新たなバイオ製品の治験薬および商用製品の製造に向けて施設を整備するとともに、技術者の育成を進めています。

 

 

 

富山技術センター 概要

  • 敷地面積:191,000m2(建築面積 23,986m2
  • 創 業 年 :1992年1月
  • ISO14001取得年:2000年

保地 富山技術センター長からの一言

保地 富山技術センター長の画像

富山技術センターは、薬都富山の地に、免疫抑制剤「プログラフ」の原薬生産工場として建設され、1992年に操業を開始いたしました。ここ富山技術センターでつくられたプログラフ関連製品は、免疫関連の疾患の治療が必要な世界中の患者さんのもとに広く届けられています。「すべては世界中の患者さんのために」をモットーに、私たちが誇る組織文化や伝統、モノづくり技術を用いて、くすり一つひとつに思いを込めて、世界中の患者さんに確かな医薬品を安定的に届けることを常に考えております。また、アステラスグループのバイオ新製品の生産の拠点となるべく、長年にわたり蓄積されたノウハウや技術から、治験薬及び商用製品の製造に向けた施設を整備し、バイオ新製品の商用立ち上げを最速で実現できる組織を目指し日々努力をしています。
医薬品の製造は確りと定められた手順に従って行われますが、原料や設備コンディションなどの僅かな変動が品質に影響を及ぼすことがあります。こうした変化を見逃さない確かな観察力と、確かな品質を可能にする技術力の追求に従業員が一丸となって取り組んでいます。隣接する高岡工場と協働を強めながら、従業員一人一人が誠実さを忘れずに、より良い新薬を一日でも早く患者さんにお届けできるよう、日々挑戦しています。