焼津技術センターの画像1

焼津技術センターは静岡県焼津市の中心に位置し、大井川流域の豊富な水源を利用した固形製剤、注射製剤の主力工場として1968年に操業を開始しました。その後、1986年の製剤研究所の焼津事業場への移転を機に、製剤研究との密接な連携により、多数の新製品を市場に出荷してきました。また、製剤技術並びに製造機械の開発改善に総力を上げて取り組み、高品質な製品の製造と自動化によるコストダウンを図ってきています。


 

焼津技術センターの画像2

2011年4月からは、アステラスグループの製剤のリード工場として、製剤研と更なる連携強化を図り、商用化技術力の向上及び早期安定生産の確立を目指しています。新製品の生産を早期に立ち上げ、そこで得た技術、ノウハウを研究所にフィードバックすることで、次の新製品のさらなる早期開発並びに安定稼働化を達成します。


 

焼津技術センター概要

  • 敷地面積:126,600m2(建築面積 23,600m2
  • 創 業 年 :1968年
  • ISO14001取得年:2000年

原田 焼津技術センター長からの一言

原田 焼津技術センター長の画像

ここ焼津技術センターはアステラスグループ最大の製剤の立ち上げ拠点です。事業場内に併設する製剤研究所、物性研究所と連携し、アステラスのグローバル新製品につき、商用生産のみならず、治験薬製造から、工程開発、査察対応、安定生産、製造/分析の技術開発、技術移転、技術管理までの製剤のライフサイクル全般にわたる高質な技術マネジメントを行っています。焼津工場が建設された1968年より、これまで半世紀で、100品目以上の製品を世界の患者さんに向けて上市、供給してきました。焼津技術センターの強みは、この多くの新製品の立ち上げで培われたバラエティに富む技術力と関連部門との調整力です。これまでの商用化の歴史は、製品化統合力として製品価値最大化とリスクマネジメントを高次元で両立する仕組みに昇華され、今なお日々進化を続けています。

焼津市は年間を通じて暖かで日照時間の長い住みやすい土地です。この穏やかな環境のもと、地元小学生とのPK大会など、地域との共生を目指した諸活動を種々展開しています。また家族参加によるスポーツ大会など様々なイベントや各種クラブ活動により楽しく健康な組織づくりを推進しており、ワークライフバランスを意識した働き方が可能です。
焼津技術センターでは、我々と伴に、科学の進歩を、患者さんの価値に変えるために一緒にチャレンジをしてくれる仲間をお待ちしています。